ことのは柊

メール鑑定なら柊!
丁寧に細やかに鑑定いたします。
ココナラでも活動中。

記事一覧(293)

2017年10月の星読み

2017年10月の星読み全体の流れ2017年9月はメンテナンスの色合いが強い一か月でした。2017年のビッグイベントのひとつである、木星の蠍座の移動があります。。木星はおおよそ一年をかけて一つのサインに滞在します。蠍座の前は天秤座、2016年9月9日から2017年10月9日まで人間関係、繋がり、調和、交渉などがテーマとして掲げられていました。この木星が10月10日に蠍座に移動します。木星天秤座の時代で広がったり繋がったりした関係性を深く掘り下げる、あるいはその関係性の本質について知ってゆく時間が始まります。人と人とが関係を築くとき、そこにはコミュニケーションが必須になります。コミュニケーション力とは、伝える力もありますが、聞く力も必要です。なぜなら、相手を知ることから始まるからです。10月という時間は、「知る」の始まり、知るために聞く時間となりそうです。<逆行>海王星の逆行:2017/6/16~2017/11/22(魚座)天王星の逆行:2017/8/3~2018/1/2(牡羊座)各星座ごと朝の情報番組の占いなどの”今日の〇〇座の運勢”は生まれたときに太陽がどのサイン(星座)にいたかで〇〇座が決まります。生まれた時間が分かる人はASCのサイン(星座)の内容もご覧になってください。ASCサインは無料のホロスコープ作成サイトで作成できます。例えばこちらやこちらで簡単にチャートを出すことができます。今月は2017/09/29に逆行を終える「冥王星の逆行が示したテーマ」について、各星座ごとにピックアップ!※冥王星は遠い天体なので長いスパンで影響を与えるテーマ、ということを意識してご覧ください。牡羊座牡牛座双子座蟹座獅子座乙女座天秤座蠍座射手座山羊座水瓶座魚座牡羊座全体の流れ牡羊座さん(アセンダントが牡羊座さん)にとって、9月は日常の忙しさに翻弄させられる部分もあったのではないでしょうか? 10月は9月の忙しさは影を潜め、何人かの少ない人たちと密なやり取りが生まれ始めます。強い自立心を持っている牡羊座さんたちは「人は人、自分は自分」と、良い意味で自分と他者を切り分けて考えることができる人たちです。しかし、今月から始まる「密なやり取り」の中では、そうした切り分けが困難なシーンも経験してゆくであろうと思います。これは木星が「他者との融合からの変容」を表すゾーンに入るため。この星の動きから学ぶべきことは、人は変わるということ、あなたも漏れなく「変容する」ということ。そして「変容しても変わらない核」を持っていることだろうと思います。新しい自分に、新しい可能性に、出会える一年が始まります。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、牡羊座さん(アセンダントが牡羊座さん)にとって、社会的な立場や地位、肩書、権威といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。進むべき道、目指すべき地点を見誤っていないか、自分の気持ちにそむいていないかを見せられていたのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。牡牛座全体の流れ牡牛座さん(アセンダントが牡牛座さん)にとって、9月はあなたの「居場所」「世界」作りに着手、あるいは完成した人もいるのではないでしょうか? 10月は新たに作られた場所を通じて、あるいはあなたの手作業からスタートする人間関係の広がりが始まる一か月となります。これは木星が「パートナーシップ、人間関係、協力者」を表すゾーンに入るためです。ここから一年、あなたは人と向き合うこと、協力し合うことについて経験を積む時間になります。人が複数人関わるということは、複雑さも生まれます。ですが、その複雑な響きの中でこそ生まれる「美しさ」があり、形となる「信頼」があり、「温かさ」があります。あなたはこの一年でそれを学び、知ることになるでしょう。10月は9月よりも忙しさが増すことが考えられます。ここは手を抜かず、しっかりと日常のワークとして組み込んで馴染ませていきたいところです。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、牡牛座さん(アセンダントが牡牛座さん)にとって、人生の方針、生き方、導いてくれる過去の叡智(信仰)といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。自分のポリシーを見失っていなかったか、最も大切にするべき「自分が大切に思っているもの」を蔑ろにしていなかったか、を見せられていたのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。双子座全体の流れ双子座さん(アセンダントが双子座さん)たちにとって、10月はいろいろなシーンで「シフトチェンジ」を感じることが多いのではないかと思います。この「シフトチェンジ」とは、趣味からのビジネスであったり、自分が担う役割の変更(ステップアップ)などです。7月ごろから双子座さん(アセンダントが双子座さん)たちは自分のやりたいことに集中できる時間があったと思います。10月からは、自分のこともやりつつ、他者もサポートする時間が始まります。関わることで、あなた自身の視野も開け、自分が集中していることを客観的に見ることができるようになり、新しい楽しさに気づくでしょう。また、9月から引き続き家族や家庭に変化や引っ越しといった動きもありそうです。忙しくないわけではないですが、すべてにおいて「納得の上の手ごたえ」を感じていると思うから、めきめきと取り組めそうです。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、双子座さん(アセンダントが双子座さん)にとって、他者と共有するもの、与え、与えられるもの、血を伴った繋がり、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。遺産相続や継承、金銭の関わる契約など、心がどうのといった話しではない、でも心も関係のある部分について「信頼や裏切り」「在り方と表し方」について考えさせられるものがあったのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。蟹座全体の流れ蟹座 さん(アセンダントが蟹座 さん)たちにとって、9月までの時間は「居場所を作り上げる、完成させる」ことに重きを置いてきました。今もまだ「完成」とは呼べないかもしれません。しかし、居場所とは使い続けるうちに馴染んでくるものです。10月からの蟹座さん(アセンダントが蟹座さん)たちは、これから一年をかけて「自分の好きなこと」にスポットが当たります。今まで後回しにせざるを得なかったことに時間をさけるようになり、気持ちを集中することができるようになります。その時間はただ技術の向上や、完成度を上げるといった作業的な充実だけではなく、自分の為に時間を使うという精神的な面での充実も与えてくれます。誰かの為にこそ本気が出せる傾向が強い蟹座さんですが、自分の為に本気を使える時間が始まります。ワクワクしますね!冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、蟹座さん(アセンダントが蟹座さん)にとって、パートナーシップ、信頼のある人間関係、理解者との関わりといったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。俗っぽく言えば「この結婚正しかったの?」っていうのが分かりやすいですね。あとは「このビジネス関係って正解だったの?」とか。利害の有無にかかわらず、人間関係について考えさせられるものがあったのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。獅子座全体の流れ獅子座さん(アセンダントが獅子座さん)たちにとって、9月までの時間は自分のフィールドを広げる時間でした。フィールドというのは実際に出向ける場所だけではなく、知性を使う分野や、知っている世界も含まれます。土台がパワーアップした時間だったのではないでしょうか。10月からは「居場所・基盤・家族」のゾーンの拡大の時間が訪れます。木星が蠍座に移動するためです。これは単に「家族が増えますよ~」ということではありません。私たちは日々変化しています。私たちを取り巻く人々もそうです。家族は成熟してゆき、関係性も変化し、居場所の役割も変わってゆきます。必然的な変化であり、同時にあなたが、あなたのための居場所を拡大する時間です。10月はそのスタートとして、周辺の変化やそうしたお知らせが届きやすい時です。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、獅子座さん(アセンダントが獅子座さん)にとって、日々の生活、ルーチンから、ひいては培われた信頼、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。毎日の仕事や日々「やらねばならないこと」というのは、時にものすごく憂鬱で「なければいいのに!」と思うこともあります。だけど、その継続から今の自信を得ていることもたくさんあります。自分に対する信頼ですね。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。乙女座全体の流れ乙女座さん(アセンダントが乙女座さん)たちにとって、9月は切り替わりのとき、準備の時でしたね。いろんな情報を取り入れたり、出会いがあったりした人も多いのではないでしょうか? 10月はそうした準備が整い、スタートを切ります。フットワークが軽くなり、新しいもの、新しい場面を経験しにゆけるでしょう。このような経験が、あなたの新しい価値観を育ててゆきます。点と点が線で結ばれ、するすると「なぜ今自分はこれを求めているのか」といった答えが紐解いていかれるような、面白い発見や感覚が結ばれる感じも経験しそうです。そうした経験をするには、自分が動くことが大切。秋の気持ちの良い季節を謳歌してください。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、乙女座さん(アセンダントが乙女座さん)にとって、自分らしさの表現、振舞い、「らしくあること」、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。私は常々「自分らしさ」とはいかなる場合にも損なわれない、ということを書いてきました。だから「自分らしさ」を説明できなくてもいいと。あなたは恐らく今でも「本当の自分らしさ」について不確かさを感じている部分があると思うんです。誰かの役に立つことを心掛ける面が強い乙女座さんですが、今回の冥王星の逆行は「人の期待にばかり応えようとしていない? それは本当にあなたの「らしさ」なの?」ということを問うていたように思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。天秤座全体の流れ天秤座さん(アセンダントが天秤座さん)たちにとって、10月は「次の段階」がスタートする月です。2016年から2017年のあいだ天秤座にあった木星は、蠍座に移動しました。これは「ラッキーな年が終わる」という意味ではありません。木星が天秤座にあったころスタートさせたこと、始まったことが、ようやく成長の次の段階に進むということだと私は考えています。月の前半こそ、少々勢いを感じられないかもしれませんが、10/14の金星の天秤座入りと同時にキラキラとしたやる気がわき起こってくるでしょう。2016年秋から2017年秋までに得た種をどこに撒き、どんな風に育ててゆくかの具体的な行動が起こせるようになると思います。ビジョン(イメージ)はとても大切です。「あなたにとって豊かさとはなにか」という答えを見つけるために動き出す時間の始まりまです。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、天秤座さん(アセンダントが天秤座さん)にとって、居場所、基盤といった自分の根っことなる場所、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。人に合わせすぎていないか、自分の思いを無視していないか、あるいは、人のせいにしすぎていないか? を見せられていたのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。蠍座全体の流れ蠍座さん(アセンダントが蠍座さん)たちにとって、10月はいよいよ木星が蠍座に入り、自分自身を拡大、成長させてゆく時間が始まります。私は木星が入った星座(サイン)は一年ハッピーで過ごせるよ! とは思っていません。やはり今まで積み上げてきたもの、続けてきたことが基盤となっていると考えているからです。そのうえで、さらなる可能性の開拓、発見があり、これから12年をかけて「今よりも成熟した自分」を育てるための時間が始まるのだと考えています。人によっては、自分が何もない土地、ゼロ地点にいるような印象を受けるかもしれません。一見すると何もないように見えるそこは、可能性の宝庫です。10月はいろんなことがスタートしたばかりで、まだまだ勢いを感じることが少ないかと思います。しかし半ばを過ぎるといろいろな景色が見え始め、事情とか、理由といった情報が入ってくるようになります。それらを受けて、あなたは自分のことに着手できるようになるでしょう。だから初っ端から焦らなくても大丈夫です。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、蠍座さん(アセンダントが蠍座さん)にとって、自分を取り巻く環境、周辺の関係、よく知っている世界、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。良く知っている場所、知っていることでも、ふとしたきっかけでまったく知らなかった繋がりや、意味を知ることがあります。そのタイミングはまさに運命的なことが多いなと感じます。なぜなら、私たちはこのたくさんのものや人がいる情報の中から、自分に必要なそれらを選んで身近に引き寄せているからです。冥王星が逆行している間、そうした「馴染みのある世界」から、今まで見たことがなかったもの、あるいは自分の根源となるものを見せられていたのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。射手座全体の流れ射手座さん(アセンダントが射手座さん)たちにとって、木星は守護星です。守護星がサインを変えるため、大きな切り替わりやインパクトを感じる人も多いでしょう。9月から引き続き、社会的な立場や肩書、活躍する場所の変化が続いています。先月も書いた通り、10月はその「本番」を迎える人も多いでしょう。今月は特に周りからの評価や、呼び名に変化を感じるかもしれません。例えば「〇〇ちゃんのお母さん」から「(あなた)さん」になるとか、あまり知られてなかったあなたの特技が評価されたり。また、チャンスが巡ってきやすい時でもあります。勘の鋭い射手座さん(アセンダントが射手座さん)ですから、見逃すことはないと思います。しっかりつかんで、今よりもずっと居心地の良い「ポジション」を獲得してください。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、射手座さん(アセンダントが射手座さん)にとって、あなたの才能や財産となる知性、技能や技術、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。今のままで良いのか、伸ばすとしたらどの方向か、自分はなんの人だと言われたいのか(例えば、音楽を作る人なのか、演奏できる人なのか、といった違い)について、あるいは十分だと感じていた技術に関しての未熟さを見せつけられた人もいるのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。山羊座全体の流れ山羊座さん(アセンダントが山羊座さん)たちは、10月からは今まで感じていたプレシャーから脱することができそうです。結果を残すために誰よりも頑張ることができ、底力を発揮していたことと思います。お疲れ様でした。しかしまだまだ終わりませんよ。今月からは、今までもよりもずっと遠くを見渡せる視点を持つことができるようになります。冒頭に書いたプレッシャーからの脱出、未来を見渡す視点を手に入れるからです。これは木星の移動が関係しています。もっと自由に、今まで時間をかけて育ててきた「自分」を試すようなシーン(場所)に行けるようになります。今まであなたを支えてくれていた仲間や、新しく出会う仲間たちと、次に上りたい山を見つけに行くような時間が始まります。ワクワクしますね。その心のときめきをコンパスに、自由に旅立ちましょう。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、山羊座さん(アセンダントが山羊座さん)にとって、自分自身、周りの人から見えている「あなた」という人、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。人の期待に応え続けるだけが「あなたらしい」ではありません。当然ですが変化もありますし、意に沿わない期待も来ていたでしょう。しかし、どうしたって自分の人生は自分の人生です。他者のものではありません。あなたはあなたらしく生きるための方法や、やり方や、考え方や、生き方について、たくさんの可能性と葛藤を見てきたのではないかと思います。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。水瓶座全体の流れ水瓶座さん(アセンダントが水瓶座さん)たちにとって、10月は社会的な地位や肩書、ポジション、あなたの呼び名に関しての動きが始まる時です。この変化は木星の移動が関係しています。今までの成果が評価される時が始まりました。ここからの一年は外からの声に応えることが増え、責任が増し、昇進、昇格する人、独立する人もいるでしょう。あなた自身は自由が減ったように感じるかもしれません。しかしこれが今のあなたの「役割」です。10月は特にここからスタートして一年後に実を結ぶプロジェクトが始まる可能性もあります。今までの経験があなたを後押ししてくれます。自信もつきます。だから頑張って成し遂げていきたいですね。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、水瓶座さん(アセンダントが水瓶座さん)にとって、失敗の経験や傷、トラウマ、見ないようにしていたこと、あるいはスピリチュアルな体験、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。過去の失敗やトラウマは乗り越えること、克服することで傷が癒えると考える場合もありますが、私はただ「受け入れる(そういう自分もいるということを知る)」だけでも十分昇華されると思っています。いろんな手法を試したけれど、どうにも傷が癒えてない気がする、と感じている人もいるかもしれません。良いではないですか、OKを出しましょう。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。魚座全体の流れ魚座さん(アセンダントが魚座さん)たちにとって、10月はガンガン行動を起こせる季節の始まりです。この「行動」は今月だけにとどまらず、ここから約一年続きます。木星の移動が関係している、ということです。木星は蠍座に入り、あなたにとって「旅、人生の指針、あなたを成長させる異文化・知識」のゾーンを照らし始めます。具体的な移動が多くなる人もいるでしょうし、知的活動が活発になる人もいるでしょう。いずれにせよ、先月とは打って変わってアクティブになる一か月です。自分で自分の枠を決めないで、自由にどこまでも行ってみましょう。恐れや不安を理由に、可能性を自分で握りつぶさないでね。先月、誰かとの関係の中で気づいたこと、受け取ったと感じたものは、その後のあなたの「ルーツ」になる宝物かもしれません。気づく瞬間(「ああ、そうだったのか!」と思う瞬間)が今から楽しみですね。冥王星の逆行が示したテーマ2017/04/20から逆行を続けていた冥王星は、魚座さん(アセンダントが魚座さん)にとって、自分が望む未来や、その未来を一緒に目指す仲間たち、といったシーン対して「揺さぶり(私は正しいの? 疑問はないの? といった揺らぎ)」をかけていました。未来は一つだけじゃない、って頭ではわかっていても、身近な(あるいは憧れの人の)姿に、未来の自分自身を重ね合わせたりしたことはありませんか? 本当にその姿が「あなたの望む未来なのか」ということについて、冥王星は問いかけていたのかもしれません。冥王星が順行に戻ったこれから、自分のチョイスが正しかったかどうかが現実のものとして動き始めます。私は星に「出遅れた」も「乗り遅れた」もないと考えています。違っていたと感じたら軌道修正を、正しかったと感じたら突き進んでください。[template id="1854"]

2017/09/28 上弦 山羊座6度

2017/09/28 11:53 上弦 山羊座6度暗いアーチのある小道と底にひかれた10本の丸太自分を抑えて周囲に溶け込む柊です。山羊座で上弦の月を迎えます。今回の上弦の月のチャートはアセンダント(AC)に土星がぴったり重なっています。この土星は、しばらく続いている木星と天王星とコンプロマイズの配置。そして翌日逆行を終える冥王星が1ハウスで火星、海王星とコンプロマイズの配置。土星のサビアンシンボルは 射手座23度「移民が入国する」本当の自分らしさを持って新しい世界のドアを開ける権利が生まれます。だから自分を認めてあげましょう。ってすごくスピリチュアルブログ的。私は常に「自分らしさとは消えないものだ」と思っていますし、そう発言しています。「これをやめたら私らしくない」ということがあったとして、もし止めちゃったとしても、実際に「あなた」が「あなたでなくなる」ことはありません。逆もしかり。いくつもの変化を経験した後にも残っている「あなた」が「あなたらしさ」だと思うんです。だから、自分らしさは自分が選ぶものでもないのかもって思います。月のサビアンシンボルは冒頭の通り「暗いアーチのある小道と底にひかれた10本の丸太」です。新しい世界に入る前に、自分を深く掘り下げ、コミットし、本当の望みを知りにゆく風景です。新しい世界へのドアは開かれました。いまするべきことは、周りの環境を慎重に見て、自分が立つべき土台を丹念に作り上げてゆくことです。時に献身的に、時にリーダーシップを発揮して。秋分で「自分とその周り」の世界から踏み出しました。すごく広い世界。去年の今とも違う新しい世界です。そこでは自分たちの為だけの活動ではなく、社会的に意義のあるもの、求められていることを現実にしてゆくことが「活動」です。居場所は自分で作るもの、作ることができるものです。これは土星のメッセージともリンクしているなって感じます。新しい世界へのドアは開かれました。さて、どうやら進むほかないようです。自分らしさなんて自分で説明できなくていいじゃない、と思います。進みましょう。どんな新しい世界が待っているのかを見に。※冥王星のサビアンシンボルは 山羊座17度「密かに裸で入浴する少女」(秋分図の時と同じ)[template id="1346"]

9/25~10/1の星読み

9/25~10/1の星読み9/23 秋分の日・太陽が天秤座へ9/28 山羊座で上弦の月9/29 冥王星の逆行終了・月とコンジャンクション9/30 水星の天秤座入り※天王星と木星のオポジションは継続中 火星と海王星のオポジションも継続中海王星の逆行:2017/6/16~2017/11/22(魚座)天王星の逆行:2017/8/3~2018/1/2(牡羊座)冥王星の逆行:2017/4/21~2017/9/29(山羊座)朝夕が肌寒くなってきました。秋分の日に選んだ彼岸花もたくさん咲いていますね。今週は4月から逆行を続けていた冥王星が順行に戻ります。ピンポイントですが、山羊座さんたちの足踏みだった苦しみがゆっくり動きだしそうな予感です。牡羊座さん、蟹座さん、天秤座さんたちにもゆっくりと「進みだしたな」って体感することがありそうです。冥王星の動きはゆっくりなので、劇的な変化にはならないかもしれないけど、確実に「今」から動いていくので諦めないでくださいね。さて、今週の星読み。乙女座最後の時間を使って、整理や片付け、調整を終えてゆきます。何を手に、何を目的としてスタートしてゆけばいいかも分かってくると思います。週末ごろからそのスタートを切る人もいるでしょう。スタートの為に苦渋の選択をすることもありそうだし、晴れ晴れした気持ちで歩を進める人もいるでしょう。行き詰まりを感じたり、風通しの悪さを感じたら、信頼してる人と話してみると良さそうです。あるいは、風を感じるところに行く。川とか、線路なんかも良さそう。大地や自然から鎮静作用を受け取りましょう。今、乙女座には3つの天体があります。火星と金星はすぐそばにあり、海王星と向かい合う配置(オポジション)です。強い不安を感じたり、絶望的な気持ちになったりしてませんか? ネガティブに発動するとこんな影響がありそう。特に月星座が乙女座さん、射手座さん、双子座さんはそわそわしてるかもしれません。もちろん、ほかの星座の方でもこうした心境になっている人もいるでしょう。そのそわそわ、実は妄想です。目の前にある問題そのものは「存在する」と思うけれど、不要なほどに不安をかきたてているのは自分の「思い通りにしたい」欲求、あるいはその欲求に気づいていて「いくら何でも利己的すぎる?」と自分でセーブしているか。いろいろ無理をしたり、苦しさを飲み込んだりしてでも手に入れたいものってあると思います。だけど、だけどね、それは長く愛せるものですか? 1年後、2年後も大事にできるものですか? ということを、ご自身に問うてみてください。金星は火星の後を追っていて、重なるのは10/5。来週ですね。これについては来週に詳しく触れますが、理想を現実にするための具体的な行動を促されるようなところがありそうです。木星の天秤座の時間はもう少しですが、ラストスパートというより「機は熟した」感じのほうが強いですね。変わることを必要以上に恐れないほうがきっと楽に流れに乗れます。たとえ変わったとしても、必要な人はそばに居続けてくれるはずですからね。怖くない、怖くない。では、良い一週間を!!***もう10月なんですね。2017年、早いなあ。2017年後半の星読みまとめを書いたのが8月の終わりでした。まだまだ暑くて、秋が来ることが想像できなかったのに。10月は木星が蠍座に移動します。木星の移動は約1年に一度、来年も秋にサインを変えます。天秤座に木星があったこの1年、どうでしたか? 私はホロスコープのIC(底辺)が天秤座ゾーンで冥王星があります。家庭・基盤・ホームの刷新がほぼ強制的に行われたように思います。予想はしていたけど、予想以上のリセット力でした。星のせいだとは言わないけれど、星の示したところの開拓があったんだなあと体感を思い出しています。振り返りは大事。[template id="1346"]

2017/09/20 新月 乙女座28度

2017/09/20 14:29 新月 乙女座28度力をつかまえたはげ頭の男恐れず、自分を信じて残暑の厳しい時期だと思っていましたが、今年の秋は思ったよりも涼しい気がします。台風も過ぎたことですし、秋らしいですね。さて、占星術的には蟹座の誠実さと獅子座の自信を越えてやってきた乙女座の季節です。この新月では、蟹座、獅子座の季節を越えることで磨いてきた自信を「知性」として堂々と発信しましょう。これは秋分(2017/9/23)に備えた自立の動きでもあります。夢を実現するための仲間や集団も変化していく兆しがあります。人間関係や場のバランスを表す天秤座の木星も終盤です。新たな開拓もまだあるかと思いますが、離別を通しての関係性の刷新もあるでしょう。周りの変化と同時に、あなた自身も変化の準備をする。その準備とは「責任のとれる大人であること=自立していること」です。サビアンシンボルの「はげ頭」とは、ストレートさも表しています。毛髪は頭部を守るものですが、頭髪がない「はげ頭」は「自分を守ってきてくれたものとの決別」とも受け取れます。その先にあるものは「自立」です。自分の思いや目指すもの、志を堂々と伝えましょう。その責任はあなたが負うものですが、そこから得るものもすべてあなたのものです。***友人が近々鑑定士デビューします。デビューしたら改めてお知らせするのですが、話している最中にこんな話題になりました。「鑑定料が安すぎるといけないみたい」彼女は友人に500円でタロットを引いていたそうです。何が起こったか。ことあるごとに鑑定を依頼してくるようになったそうです。おそらく、聞くほどのことではない些細な決断でさえも。私たちは日々決断を繰り返しながら毎日を生きています。運命の交差点に立っている自分に対して、占いができることは「可能性を提示する」ことだけだと私は思います。選ぶこと、決めることは自分しかできません。「決められない」ことも人生にはあるかと思います。だけど、自分のことは自分で決めて、その決断の責任を取らなければ、本当の意味で結果や成果は得られないと思います。[template id="1346"]

卒業と旅立ちのとき

ご依頼者さんとの対話から先日、メール鑑定のご依頼を下さった方との対話の中で、すごくシンクロ(共鳴)するところがありました。その共鳴から今年の秋の空模様が繋がり、今の自分の状況が繋がり、そして出た答えが、ご依頼を下さった方へと繋がりました。答えは私が持っていたのか? いいえ、どちらもが持っていたんだと思います。二人が接触したことで、二人に同時に降りてきたんだって感じました。今日はそのシンクロ(共鳴)のお話です。自立するということ今週、秋分を迎えます。LINE@の配信でもお話しするのですが、秋分は卒業と旅立ちの節目だと私は考えています。春分から今まで、私たちは自分を育てることに注力してきました。自我が芽生え、物質を知り、言葉を覚え、家族を知り、改めて自分の個性を知り、環境(状況)を整えてきました。すべてこれは、社会に出てゆくための準備だと私は考えています。社会に出ること。これは「自分を守ってきてくれたものとの決別」。同時に、一人前の大人として社会に貢献し、評価され、生活してゆく(自分の居場所を作ってゆく)ことだと思います。今の空のタイミングと、今自分が置かれている(選んでそうなったんだけど)状況を考えると、「自立するということ」について思いを巡らせていました。トンネルの中のような気持ち今私は時間の束縛がない生活を始めたばかり、「好きを仕事にする」という準備が整ったわけです。ずっと昔から「好きを仕事にする」ということは、とても素敵なこと、意味も価値もあることだと思っていました。今だってもちろん憧れているし、可能なら手に入れたい未来です。しかし、憧れを抱くと同時に、この言葉にモヤモヤとしたものを感じていました。「自分の好きだけで認められなかったら、評価されなかったら、どうしよう」っていう不安と、食えなくなる(生活できない)かもしれないという恐怖。

9/18~9/24の星読み

9/18~9/24の星読み9/20 金星の乙女座入り・乙女座で新月9/23 秋分の日天王星と木星のオポジションは継続中海王星の逆行:2017/6/16~2017/11/22(魚座)天王星の逆行:2017/8/3~2018/1/2(牡羊座)冥王星の逆行:2017/4/21~2017/9/29(山羊座)台風が近づいてきているというのに、風は強いが晴れ模様。不思議な天気です。おはようございます。先日のLINE@の配信で、石鎚山からの打ち抜き水が良かったのよ! とお知らせしましたが、よく考えたらあれは水が少ないところで暮らしている人の憧れそのものですね。香川県はため池は多いものの、透明な水が流れている場所が少ないのです。だから感激しちゃったけど、雪国だったら水には困らないよね。お国柄が出るのね。さて、今週は9/20に乙女座で新月があります。この日、金星も乙女座に。月も合わせると5つの天体が乙女座に入った状態です。乙女座祭りの一週間となりそうです。乙女座というと、やはり調整したり、片づけたり、といった働き者のイメージがあります。じっとしておくより動いている方が気がまぎれるかもしれません。身近にすることはたくさんありそうです。いまいちやることが思いつかないという人は、身辺の整理整頓、片付けをしてみると気分がすっきりとしそうです。未来のスケジュールを立てるのであれば、近い未来の目標(ゴール)を設定してください。小さくて堅実な目標(マイルストーン)をいくつも立てて、着実にゴールできる計画にします。このとき、自分を過小評価しないでね。できるから「やろう!」って思うんですから。これはダイエットや身体の調整を行う計画としても使えそうです。偏りがないか、無意識のうちに欲しているもの、外しているものはないか考えてみてもよいでしょう。冒頭でも述べましたが、この週は新月があり、春分からの折り返し地点の秋分があります(秋分の星読みは後日アップします)。参考までの春分の記事はこちらです。新月、秋分のある一週間ということから、新しい気持ちへの切り替わりや、今年前半の出来事から一歩踏み込んだ「実行力」を感じるような時間となりそうです。この「新しい気持ち」というのが、必ずしも晴れ晴れとした見晴らしのよさがあるものとは限らないなと感じています。未来、という風景に影を落とすのは、いつだって自分が抱えている未来への恐怖と不安です。酷い表現をすれば「自分が勝手に不安に感じて、怖くなってる」状態ですが、私はその気持ち、よくわかります。私は不安は抱えてもいいと思っているんです。でもその不安に囚われてはダメ、やらない理由にしてはダメって思います。春分の日の記事にこんなこと書いてますね。今にぴったり。不安や危機感をぬぐうことができるのは、自分のための行動ができるかどうか秋分の日あたりには、ゆるくカイト(凧の形)が形成されます。遅い天体が描くアスペクトなので体感や影響は感じづらいかもしれません。自分の居場所を見つけられないとか、自分の役割が果たしきれていないと感じている人にとっては、追い風となるカイトです。解決策となるなにかに出会いそうです。あなたの役割を果たせる場所、居場所は必ずあるから、今諦めることない、続けていきましょう。目の前の問題だけに終始しないで、広い視野で世界を見てください。では、良い一週間を!!***今週の星読みは今の自分を反映しすぎたかもしれません(照)。先週、約3年務めた派遣先を退職しました。いつも通りの退社と同時に退職だろうと思っていたのですが、いろいろともらったり、挨拶したりと、思いのほか「ここに勤めていたんだ」と実感できるシーンがいくつもありました。たった3年、されど3年。あまりお役に立てなかったのが悔しいばかりですが、いい会社に派遣されていたんだなと感じました。まだ自分の行く先が明確ではない部分もたくさんあります(これについては後日心中を赤裸々に)。でも、確実なのは「星読みは続けてゆく」ということです。どんな形になっても、何をしてでも。なので、皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします!![template id="1346"]

2017/09/13 下弦 双子座21度

2017/09/13 15:24 下弦 双子座21度混乱する労働者のデモ自分の能力の限界に挑戦していく今日の午後、双子座で下弦の月を迎えます。この下弦の月は複雑なアスペクトがいくつもあります。今週の星読みでも触れた小三角、コンプロマイズ、太陽と月と土星のTスクエアなどなど。その中でも、私はやはり金星に注目します(参考までに今週の星読みはこちら)。この日、金星は獅子座22度「自分の使命を果たす伝書鳩」というサビアンシンボルです。羽ばたくことで開放する、それも誰かの役に立つという使命の元で羽ばたいています。エネルギーを目的のあるものに使うことで解放されるということだろうと思います。何事においても覚悟を決めてがむしゃらにやってゆけば、それは必ず結果を生むと思います。しかし思った結果にたどり着きたければ、長期的な展望のもとに、建設的な方法で、具体的な効果を出すものをチョイスし、実行してゆくことが大切なのではないかと私は考えます。今の星はあらゆる可能性を見せてくれると同時に、少し遠い未来への明るいマイルストーンとなる情報も下ろしてくれそうです。たぶん、目的を持って行動していたとしても、結果が見えない時や成果が実感できないときって、暗闇の中をただただ進むだけっていう心細い状況を経験するんじゃないかと思います。先の見えないトンネルの中を進んでいるようなね。先の光は見えなくても、自分の手元や足元は見えている。歩を進めるごとに「必ず進んでいるんだ」と自らが実感することが「具体的な手ごたえ」となるんじゃないかと思います。パンクしそうだよーって方は休む時間を取ってね。いやいや、挑戦の時だよって感じる人は思う存分やってみてね。いろいろと複雑さや煩雑さを抱えている方は、現状の理解や把握を心掛けてみてください。見落としていた繋がり、自分の気持ちなど見つかるかもしれません。***ほかの月の月読みが見づらい部分があるかと思います。順次修正していきますので、今しばらくお待ちください(順次修正している最中です!)。[template id="1346"]

9/11~9/17の星読み

9/11~9/17の星読み9/13 双子座で下弦の月9/14 太陽と土星のスクエア9/16 火星と水星のコンジャンクション9/16 天王星と木星のオポジション海王星の逆行:2017/6/16~2017/11/22(魚座)天王星の逆行:2017/8/3~2018/1/2(牡羊座)冥王星の逆行:2017/4/21~2017/9/29(山羊座)朝夕と肌寒さを感じる日も混じり始めましたね。柊です。先日の満月、こちらは浄化の雨が降っていました。個人的には荒れていました(笑)星がすべてではないですが、魚座の海王星と月らしく、お酒がある風景の夜でした。さて、来週は3つの天体が乙女座に入ったところからスタートします。金星を頂点とした木星と天王星のコンプロマイズ。ゆるく火の星座のグランドトラインに加えて、天秤座ラストスパート中の木星がカイトを形作ります。月は満月から欠けてゆくところ。乙女座は働き者、というか、少々お堅いと感じるぐらい「きっちりやりたい」サインだと感じています。ちなみに私は月が乙女座。じっとできないというより、物理的にはじっとしているんだけどずっと頭や手が動いているって感じです。乙女座に3つの天体が入っている今、なんだか分からないけど忙しいなあって感じる人も多いんじゃないかと思います。頭ばかりが疲れては良い睡眠がとれません。来週のシルバーウィークを睡眠に費やすのはもったいない! ほどほどで手を休めて、頭も休める時間を作りましょうね。今週の星の動きで目立つのは、金星の存在です。先週の星読みの最後にこんなことを書きました。

リンパマッサージのRAINBOW PRISMさん

リンパマッサージ RAINBOW PRISM先日鑑定を受けてくださった方のご紹介です。オーナーのMIYUさんは月読みアドバイスをご依頼くださいました。またも知らなかった私鑑定のご依頼はLINE@からメッセージでいただきました。基本的にオーダーフォームからお願いしているのですが、時々「送れない」という方もいらっしゃいます。そういう時は可能な連絡手段からご連絡いただくことで、ご依頼をお受けしています。MIYUさんは配信のたびに励ましの可愛らしいメッセージをくれる方。勝手に「ふんわりとした優しい人」というイメージを持っていたのですが、リンパマッサージのサロンをされていると伺って「なんてぴったりなお仕事!」と思いました。そして鑑定のためにホロスコープを拝見して、より一層「まさに天職!!」と感じました。MIYUさんは癒しパワーはもちろんのこと、整える力、センスとにもとても磨かれた方だと思ったんです。そのケアというのも、きっと理にかなっていながらも、本当の意味で「鎧を抜いた自分になれる」ようなリラクゼーションを与えてくれるものだろうと。ホームページ(施術内容やお申し込みなど)ホームブログrainbow prism ~光放つとき~施術の内容サロンでは「女性のための体を芯から温めるボディリンパセラピー」や「ちつ活」といった冷えに対するセラピーや、「フラワーレメディーセッション」など、身体を内側からケア、メンタルのケアなど、忙しい女性にとっては嬉しいメニューが並んでいます。私の自己診断では、私自身は冷え性ではなくのぼせ気味なタイプだと思っていますが、だからといって「冷え知らず」というわけではないそうです。夏は特にお腹が冷えることが多くて(なぜかお腹ばかり汗だくになっちゃって)、地味にいろいろ調べてたんですよね。でも結局自己流なので解決には至らず、タオル腹巻でしのいでいます。こうした「ちょっと変な状態」って自律神経が何らかの理由で狂ったり、あるいはパターン的に「こういう状況だとアウト」というクセ(習慣?)からくるものだそうだけど、ケアの方法や根本的な理由ってなかなか一人では見つけられないものです。MIYUさんのような身体のスペシャリストに相談できると安心ですね。おわりに札幌にお住まいということで、私は簡単に飛んでいけない距離。でも先日ご紹介したオーダーブレスレットのAngelPooさんも北海道だったなあ。今年の初めに函館に遊びに行って以来、勝手に親近感を持っている北海道。どうにかしてご縁を広げて、あるいはお金持ちになって(!?)お二人に会いにゆきたいです。[template id="1346"]

2017年から2018年の天王星

柊です。昨日LINE@で配信したメッセージに書いた「木星と天王星の180度のこと」の記事です。先日書いた2017年後半の星読みまとめともつながっているもので、もう少し長いスパンのお話です。天王星の動き天王星は今、サインのスタート地点の牡羊座にあります。天王星が牡羊座に入ったのは2011年3月12日。東日本大震災のあった時期です((私は星の動きと災害を結び付けて考えることに抵抗を持っています。そもそも占術の役割とは、そうした自然災害を予測するものであったと思いますが、星によって災害がもたらされた、と考えるのは不自然だと感じているからです。星が災害をもたらしたのではなく、災害と星の動きのタイミングはシンクロしていた、と考えるほうが自然だと思っています))。今年の8月に書いた「2017/08/03天王星の逆行」にも書きましたが、2017年8月から天王星が牡羊座で逆行を始めました。この逆行は2018年1月2日まで続きます。順行に戻った天王星は2018年5月に牡牛座に移動、その後逆行して牡羊座に戻り、2019年3月にふたたび牡牛座に入ります。ここからが本格的な天王星牡牛座の時代の始まりです。2017年8月3日 牡羊座29度(天球の合唱隊が歌っている)2018年1月2日 牡羊座25度(二重の約束)2018年5月16日 天王星の牡牛座入り2018年8月8日 牡牛座3度(クローバーが咲いている芝地に足を踏み入れる)から逆行開始2018年11月7日 牡羊座に戻る2019年1月7日 牡羊座29度(天球の合唱隊が歌っている)から順行に戻る2019年3月7日 本格的な天王星牡牛座時代へ突入かっこの中はサビアンシンボルです。星は順行と逆行を繰り返しつつ、次のサインに進みます。牡羊座と牡牛座を行きつ戻りつしながらも、近い将来牡牛座の時代に入るわけです。今の空(2017年9月まず、冒頭でも書いた「天王星と木星の180度」について。今の空模様はこちらのチャート。天王星(♅)と木星(♃)が向かい合っている配置です。この配置は2017年10月22日ごろまで続きます。どちらも動きが遅い星なので、ゆっくりと進みます。2017年10月10日に木星は蠍座へ移動しますが、その後もしばらく響きが残っている、ということになります。