魚座の満月

体調を崩されている方、なんだか優れないなっていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。無理せずゆっくりしてくださいね。ゆっくりできんわ! 忙しいわ! っていう人も、空を見上げて(あいにくこちらでは曇りですけど、満月は雲関係なく降り注いでます)一息ついてください。


9/17 4:05 魚座で満月、半影月蝕です。

月のサビアンシンボルは 魚座25度「宗教的な組織がゆがんだ実践と物質化した理想による崩壊的な影響を克服することに成功する」

太陽のサビアンシンボルは 乙女座25度「公的な建物の前に掲げられた半旗」

どちらも「後始末」の意味合いが強いです。25度という数値はそのサイン(星座)のピークですから、魚座の浄化、乙女座の分析、これらが極まっていると考えます。空の色合いとしてはコントラストが強いため、やんわりぼんやりではなく、パキっと取捨選択するような場面があるかもしれません。また、露呈や目をそらしていたものとの対峙も考えられるので、今回は「取れない、ではない。自主的に「取らない」選択=決別や別れ」のほうが色濃く出るかも。


月のサビアンシンボルが表すものは、目に見えない世界との生活を、いかに実生活に落とし込むか、実生活になじませるか、といったものです。そのために構築したり破壊したりし、次の流れに向かってゆく、本当に最終段階です。精神世界(スピリチュアル、目に見えないものやこと)を実生活に取り入れるということのレベルは、今後もっともっと掘り下がっていくと思います。目に見えないからこそ、自分が強く信じられるものをしっかりと見極めたいものです。


私の「2016年のあなた」をお持ちの方はご覧になっていると思いますが、私ここで「スケールの大きな変容」と書いているんですね。これは「食」だから。そして前々から「調整中だよ」「まごまごしちゃうよ」とも書いている。

変わろうとしている流れの中で、まごまご動いている、私たち。

これって蝶がさなぎから蝶に変化するときととてもよく似ています。さなぎの間は中身が液体なんだって、知ってた!? 蝶や蛾が苦手なので、私はググることすらできません。でもすごいなって心の底から思います。形あるものから形のないものへ変化して、そしてさらにまったく別の形になるんです。昆虫だからできることだと分かってはいますが、それほどまでの大きな変化って、一度死んで生まれ変わるようなものだなと思います。


そういえば、もう9月も後半です。水星の逆行も終わるし、秋分だし、いよいよ活動宮に惑星が移るし。きっと今のようなゆったりさ(人によってはもたついていると感じるかもしれない)はどこへやら、の空気になりそうです。

月のリズムに合わせて記事を書いている私は、実はあんまり実感がないのです。どうなるんだ自分、どうなるんだ9月後半。ドキドキワクワクです。

柊の月読みアドバイス

未来のあなたは今より何歩進んでいるだろう